杉良太郎 74歳で運転免許証を自主返納「危険を察知したときの反応に不安あった」

[ 2019年6月7日 15:30 ]

東京・品川区の鮫洲運転免許試験場に自らの運転免許証を返納しに訪れた杉良太郎
Photo By スポニチ

 俳優で歌手の杉良太郎(74)が7日、東京・品川区の鮫洲運転免許試験場で自らの運転免許証を返納した。警察庁特別防犯対策監を務める杉は相次ぐ高齢ドライバーによる交通事故に心を痛め、少しでも運転に不安のある高齢者が「返納を考えるきっかけになれば」と話した。

 8月に更新時期を迎える予定だった杉は、2カ月早めだが返納を決意。「70歳のときに再交付をしてもらって、大変な講習だったので、この次の更新ができるか不安に」感じていたという。健康や運転には問題はないが、「危険を察知したときの反応に不安があり、これ以上の再交付は無理だと判断した」と明かした。「運転となると、自分だけじゃない。事故を起こさないで走って行くのは難しい」とし、「やっちゃったー、事故っちゃったーではすまない。相手は傷ついて死んじゃって、取り返しがつかない」と語気を強めた。

 また、免許証を返納するともらえる運転経歴証明書があれば、バスやタクシーの運賃、さらには宅配サービスの割引等の特典があるともPR。「地方でも巡回タクシーやバスなどの取り組みがはじまっています。車がないと生活できない人もいるので、自分で考えて、家族と話し合ってどうすればいいのかを決めてほしい」と噛みしめるように呼びかけた。

 これまで杉は、都内では自分で運転することはなかったが、青森の別荘では運転する機会があったという。免許証返納について、妻で歌手の伍代夏子(57)の反応はどうだったかと聞かれると、「うちはすごくあっさりしていて、言ったら“いいんじゃない”で終わり」。伍代も免許証を持っていたが、すでに失効してしまったそうで「だから特典は受けられない。夫婦揃って(免許証が)ないです」と話した。

 この日は杉の免許証返納に多くのメディアが詰めかけ、「僕のほうがビックリ。これだけたくさんに囲まれたのは初めて」と驚きの表情を浮かべた。

 近年、加齢による身体機能や認知機能、判断の速さの衰えによる高齢ドライバーの交通事故が増加傾向にある。警視庁の発表によると運転免許証を自主返納した人はおよそ42.1万人(うち75歳以上が29.3万人)と、2年連続で40万人を超えたものの、75歳以上の返納率は5%とまだ低い水準にある。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月7日のニュース