フジテレビ 「RIZIN」中継で那須川戦ダウンシーン中継できず謝罪「打ち合わせがうまくいかず…」

[ 2019年6月7日 16:55 ]

<ISKA世界フェザー級タイトルマッチ>2R、マーティン・ブランコにKO勝ちし歓喜する那須川天心(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 フジテレビは、2日午後7時から生中継した格闘技イベント「RIZIN.16」のISKA世界フェザー級タイトルマッチ「那須川天心―マーティン・ブランコ戦」で、那須川が1回目のダウンを奪った瞬間に試合を中継せずにCMを放映した件について謝罪した。7日の宮内正喜社長(75)の定例会見で、担当役員が「楽しみにしていた視聴者のみなさんには本当に申し訳なく思う」と述べた。

 石原隆取締役は、「生放送の準備、打ち合わせがうまくいかなくて、視聴者のみなさんにはご迷惑をかけました。もっともっと慎重にやるべきだった」と反省しながら説明。問題のシーンは第2ラウンドの途中。残り1分50秒ほどでブランコが右目上を出血。ドクターチェックで試合が中断すると、放送は約1分間のCMに入った。しかしCM放映中に試合は再開しており、生中継に切り替わった瞬間、ブランコがいきなりダウン。那須川は続けざまにもう一度ダウンを奪い、TKO勝ちでキックボクシング世界3冠を決めた。

 ドクターチェックでCMに切り替えた判断について、石原取締役は「打ち合わせが細部まで行き届いていなくて反省しております」と重ねて陳謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年6月7日のニュース