“旗本・水谷豊”定番化に意欲「もう少し先、その先もやってみたくなる」

[ 2019年6月7日 05:30 ]

BS朝日の時代劇「無用庵隠居修行3」の取材会を京都・松竹京都撮影所で行った(左から)岸部一徳、水谷豊、檀れい
Photo By 提供写真

 俳優の水谷豊(66)が主演するBS朝日の時代劇「無用庵隠居修行3」(9月13日放送、後7・00)の取材会がこのほど、京都市の松竹京都撮影所で行われた。

 江戸時代を舞台に、水谷演じる隠居した旗本が悪を成敗する、17年9月にスタートした作品の第3弾。報道陣が「この作品はもうシリーズですか?」との質問に「そうですね。自分の気持ちの中ではシリーズ」と笑顔で答え「作品は人に見てもらうために作っている。この作品は放送すると“面白い”と言ってくださる人が多い。もう少し先、その先もやってみたくなる」と定番化に意欲を見せた。

 岸部一徳(72)と檀れい(47)も引き続き出演。檀に「水谷さんは何が飛び出してくるか分からない」と評され、水谷は「僕は危険物じゃありません」と苦笑いした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月7日のニュース