カラテカ入江が謝罪「状況を真摯に受け止め、反省」 詐欺グループ忘年会で“闇営業”

[ 2019年6月7日 07:45 ]

「カラテカ」の入江慎也
Photo By スポニチ

 今月4日付で所属する吉本興業から契約を解消されていたことが分かったお笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也(42)が7日、自身のツイッターを更新。事務所を通さずに直接ギャラを受け取る“闇営業”を振り込め詐欺グループとの間で行い、所属タレントを仲介していたとして所属契約を解消された騒動について謝罪した。

 入江は「吉本興業の所属契約を解消となりました」と契約解除の事実を認め、「世間をお騒がせし、ご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。この状況を真摯に受け止め、反省しております」と謝罪した。

 7日発売の写真週刊誌「FRIDAY」の記事については「忘年会に出席したことは事実です」と忘年会への出席は認めつつ、「しかしその会が、詐欺グループの忘年会であることは本当に知りませんでした。知り合いの広告代理店の方から、エステティックサロンの経営や健康食品の販売をしている会社のパーティーがあると聞いていました」とあくまでも詐欺グループの忘年会だったことを知らなかったと弁明。「ただ、たとえそのような認識だったとしても、吉本興業を通さずに芸人の先輩や後輩をこのような場に誘い、巻き込んでしまったのは私の危機管理能力の不十分さ、認識の甘さが招いてしまったことです」と記した。

 入江は事務所を通さずに直接ギャラを受け取る“闇営業”を振り込め詐欺グループとの間で行い、所属タレントを仲介していたとして、吉本興業から4月付で契約を解除された。

 同社によると、問題となったのは2014年12月に都内で開かれた、詐欺グループに関わる人物が代表を務める企業の忘年会。入江は雨上がり決死隊の宮迫博之(49)やレイザーラモンHG(43)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)、ガリットチュウの福島善成(41)らに声を掛けて、ともに参加。それぞれがネタを披露したという。この詐欺グループは、約200人から40億円超をだまし取ったとみられ、翌15年6月に計約40人が摘発されている。詐取した金は、経営するエステサロン関連会社などに流用していたとみられる。

 吉本興業が入江から聞き取り調査を行ったところ仲介の事実を認めた。「詐欺グループとは知らなかった」としたが、反社会的組織との交流に加えて“闇営業”を行ったことを重く見て、同社では「社の規律に反し、芸人やタレント、会社全体のイメージを著しく失墜させたことで契約解消に至った」と説明。事実上の解雇処分となった。宮迫らは詐欺グループのことも全く知らずに参加し、金銭の授受もなかったと話しているという。同社は「参加したほかの芸人全員が詐欺グループのことは知らなかったとはいえ、厳重注意とした」と処分を科した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月7日のニュース