桂福団治 10月26日に芸歴60周年の記念公演を開催

[ 2019年6月7日 14:17 ]

 上方落語界最古参の桂福団治(78)が7日、大阪市内で会見し、79歳の誕生日を迎える10月26日、大阪松竹座で芸歴60周年の記念公演を開くと発表した。桂ざこば(71)、笑福亭鶴瓶(67)らが出演する公演では随談「顧みますれば」、人情噺「ねずみ穴」を予定。随談では「兄弟の付き合い」という故横山やすしさんとの交遊を語ることも検討しているという。

 「彼の最後の漫才の相方ですからね」。1995年10月11日、兵庫県芦屋市の寺院での法要で即興漫才を披露した。同年の阪神大震災で被災した仮本堂が完成するのを機に設けられた舞台がその3カ月後、急死するやすしさん最後の舞台。やすしさんが出馬した92年参院選での応援演説の模様も懐かしげに振り返った。

 「大きく変わった人生観をぜひしゃべりたい」とするライフワーク、手話落語ももちろんその候補。聴覚芸である落語を視覚芸とする試みは当初、福団治自身「これはあかんなあと思われても言い訳できない破壊行為」と感じていた。ましてや当時上方落語協会の理事。

 「コソッとやるつもりだった」奈良でのお披露目公演はマスコミが押し寄せ、全国ニュースになったことで思惑は外れた。ところがある落語会の楽屋で、上方落語界の重鎮だった故桂米朝さんからかけられた一言で救われたと振り返る。「福ちゃん、このネタ、手話落語でできへんか?」。手話落語に適しそうな演目の提案があったことで空気が一変したと回想し、こぞって落語仲間からアドバイスしてくれるようになったという。

 「思い出深い人情噺」とするねずみ穴は、故立川談志さんの大阪での公演を見て東京へ出掛け、10日間泊まり込んで教わった演目。「江戸の人情噺を上方へ持ってこさせていただいて、後継者に継承してもらって」と上方落語の後輩に引き継いでもらいたい意向をにじませた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月7日のニュース