田村淳 相方・亮は反省「ギャラは一切受け取っていない」「僕は亮の言葉を信じたい」

[ 2019年6月7日 14:03 ]

「ロンドンブーツ1号・2号」の田村亮(左)と田村淳
Photo By スポニチ

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳(45)が7日、自身のツイッターを更新。事務所を通さずに直接ギャラを受け取る“闇営業”を振り込め詐欺グループとの間で行い、所属タレントを仲介していたとしてお笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也(42)が4日付で所属する吉本興業から契約を解消されていたことを受け、相方の田村亮(47)が問題となった忘年会に参加していたことについて言及した。

 淳は亮と話した内容としてコメントを掲載。「今回のこと、亮と話しました。事務所から厳重注意を受けたと言ってます。本人も脇が甘かったと反省しています。犯罪組織の忘年会だとは知らずに会に参加したようです」と説明した。

 さらに「週刊誌等で報じられてるような、ギャラなどは一切、一切受け取っていないと言っています」とギャラの受け取りについて否定。「皆さんはどう思われるかわかりませんが、僕は亮の言葉を信じたいと思います。亮は今まで僕に一切嘘をついたことはないです。(僕は何度も亮に嘘をついたことがあるけれど)なので僕は信じたいと思います」とした。

 吉本興業によると、問題となったのは2014年12月に都内で開かれた、詐欺グループに関わる人物が代表を務める企業の忘年会。入江は亮のほか、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)やレイザーラモンHG(43)、ガリットチュウの福島善成(41)らに声を掛けて、ともに参加。それぞれがネタを披露したという。

 この詐欺グループは、約200人から40億円超をだまし取ったとみられ、翌15年6月に計約40人が摘発されている。詐取した金は、経営するエステサロン関連会社などに流用していたとみられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月7日のニュース