カラテカ入江 広告代理店の知り合いから「パーティーがある」 振り込め詐欺グループ忘年会で“闇営業”

[ 2019年6月7日 07:51 ]

「カラテカ」の入江慎也
Photo By スポニチ

 今月4日付で所属する吉本興業から契約を解消されていたことが分かったお笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也(42)が7日、自身のツイッターを更新し、騒動を謝罪した。

 入江は事務所を通さずに直接ギャラを受け取る“闇営業”を振り込め詐欺グループとの間で行い、所属タレントを仲介していたとして、吉本興業から4月付で契約を解除された。

 以下、入江のコメント全文。

私、入江慎也は吉本興業の所属契約を解消となりました。
世間をお騒がせし、ご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。
この状況を真摯に受け止め、反省しております。

本日発売の雑誌「FRIDAY」の記事にある忘年会に出席したことは事実です。しかしその会が、詐欺グループの忘年会であることは本当に知りませんでした。知り合いの広告代理店の方から、エステティックサロンの経営や健康食品の販売をしている会社のパーティーがあると聞いていました。ただ、たとえそのような認識だったとしても、吉本興業を通さずに芸人の先輩や後輩をこのような場に誘い、巻き込んでしまったのは私の危機管理能力の不十分さ、認識の甘さが招いてしまったことです。

誠に申し訳ありませんでした。

入江慎也

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月7日のニュース