「純烈」白川裕二郎、胃腸炎から復帰「また年末の大きな舞台に立てるよう頑張る」公演欠席謝罪も

[ 2019年6月6日 10:05 ]

純烈。左から酒井一圭、白川裕二郎、後上翔太、小田井涼平
Photo By スポニチ

 ムード歌謡グループ「純烈」は6日、ウイルス性胃腸炎のため休養していたメインボーカルの白川裕二郎(42)が復帰したと発表した。

 同日更新したグループの公式ブログで白川が「お休みをいただいておりましたが、このたび6月6日付けで復帰することになりました。」と報告。「メンバー、関係者の皆様、そして僕たちを応援してくれているファンの皆様には大変なご迷惑とご心配をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪しつつ「皆様の温かいご配慮とお心遣いのおかげで体調も回復する事ができました。心より感謝します。また年末の大きな舞台に立てるように、今日から頑張っていきますので、どうぞこれからも応援よろしくお願いします」と呼びかけた。

 白川は2日に体調不良を訴え、病院の診察でウイルス性胃腸炎と診断され、当日に、東京・江東区内で開催する予定だった「純烈コンサート2019~AYUMI~」2公演を欠席。酒井一圭(43)、小田井涼平(48)、後上翔太(32)の3人による無料ライブとなっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月6日のニュース