しずちゃん 山里からの“結婚報告”を解散話と勘違い 「仕事の話」と言われ…

[ 2019年6月6日 13:04 ]

おなかを押さえ痛がる山里の横でしてやったりのしずちゃん(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 人気女優の蒼井優(33)と電撃結婚したお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)が5日に都内で開いた2ショット会見後、TBSラジオ「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演し、リスナーに結婚を生報告した。

 番組中盤、会見にも同席したしずちゃん(40)も「イェイ、イェイ、イェイ、イェ~イ。キューピッドのおしずで~す!」と泥酔状態で登場。あまりの酔いっぷりに、山里は「なんでそんなベロンベロンで来るのよ」とあきれ顔。それでも、しずちゃんは「いや、今日はこんな席ですから。本当にこの空気で言うのは不謹慎かもしれないです、本当申し訳ないんですけど…お前ら、最高やん」と相方と親友を祝福した。山里も「その最高の2人を作ってくれた立役者ですから」とその酔いっぷりをツッコミつつ、相方に感謝した。

 キューピッドでありながらも「聞いていたけど、1週間ずっと、自分が勧めたにも関わらず、やっぱり信じられなくて。急展開やし、ずっと壮大なドッキリかと、今日まで思ってた。今も思っているぐらい」と率直な思いを吐露したしずちゃん。結婚の話を聞いたのは1週間前だといい、マネジャーから「仕事の話をしたいから。山ちゃんがそういう場を設けてくれと言っている」と言われたといい、しずちゃんが店を予約することになったという。

 そこで、「やたら周りに人がいない、絶対に壁とかで仕切られてて、薄い壁じゃないお店にして」との要望があったことに怪しんだようで、山里はマネジャーから「山里さん、どうしましょう。しずちゃんなんですけど、仕事の話で、周りに人がいないお店って指定されたので、今、解散を疑っています」と伝えられたという。これには、しずちゃんも「そうやねん。こんなことなかったら今まで」と笑いながら同意。山里も「今まで『飲みの席を作ろう』ってこと自体がほぼなかったからね」と珍しい状況であることを認めると、しずちゃんは「(飲みの場を設けることも)ないし、改めて話をするってなったら、ケンカにしかならんかった。でも『仕事なんかなぁ?』『なんやろう?』って思って」と応じた。

 それでも、当日、タクシーで移動する際の山里の態度を見て「これなんかちゃうぞ。仕事ちゃうなぁ」と察したしずちゃん。そんな中、「お店入ってから、マネージャーさんが(スマホで)動画を撮る。っていう時に『これはちゃうなぁ』って思って。『そうか、結婚か』ってギリギリに思った。ほんなら、その言葉がきたから、ビックリしたけど、直前にそんな気がしたから。それでも、まさか相手までは予想できてなかった」と明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年6月6日のニュース