片岡安祐美「さすがにこたえた」炎上呼んだ「男友達200人」発言 大吉が真相明かす

[ 2019年6月6日 13:58 ]

片岡安祐美
Photo By スポニチ

 野球クラブチームの「茨城ゴールデンゴールズ」選手兼監督でタレントの片岡安祐美(32)が、かつて炎上を呼んだ自身の「男友達200人」発言をめぐって、当時のつらい心境を明かした。

 1日放送のテレビ東京「二軒目どうする?~ツマミの話~」(土曜深夜0・20)では、ゲスト出演した片岡について、博多大吉(48)が「前に、バラエティー番組で、『男をアゴで使う女』みたいな発言があったよね」と当時の炎上騒動について言及。片岡は15年10月に放送されたバラエティー番組で「男友達が200人いる」「みんな私のことを好きだと思う」などと語って、放送後大バッシングを受けていた。

 大吉は「あんまりじゃないの。本当にそういう子だったら、欽ちゃんは声をかけていないと思う」と、片岡の師匠・萩本欽一(78)の名前を出しつつ同情。さらに「全部テレビ局の演出で、あのよう(な発言)になった」と真相を明かした。

 片岡も「あの時はさすがにこたえましたね」と苦い表情。これを見た大吉はテレビ局に対して「いくらかあげなさいよ」と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月6日のニュース