“キューピッド”しずちゃん 手荒い祝福 山ちゃんを2発でKO「大事な親友を奪いやがって」

[ 2019年6月6日 05:30 ]

山ちゃん&蒼井優 結婚

会見に乱入し、山里亮太(中央)に殴りかかる山崎静代(左)。蒼井優もビックリ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 2人の恋のキューピッドとなった山里の相方のしずちゃん(40)が会見に同席し、五輪候補にもなったボクシング仕込みの手荒い祝福を2人の門出に送った。

 山里が2人のなれそめを話した後に「しずちゃんのおかげで今、こういうこと(結婚)になりました」と紹介されて登場すると、両手にはボクシンググローブ。シャドーで体を温め、いきなり右ストレートを山里の胸元にズドン。さらに左フックを肩口に見舞ってダウンを奪うと「うちの大事な親友を奪いやがって」と叫んだ。山里は「力強く心臓をえぐるんじゃないよ」とツッコんだが息も絶え絶えだ。

 南海キャンディーズは2004年のM―1グランプリ準優勝でブレーク。だが、しずちゃんが2006年に映画「フラガール」で蒼井と共演する女優業などソロでの仕事が増え、山里の嫉妬で不仲説も流れた。

 コンビ仲回復のきっかけがボクシング。しずちゃんが真剣に打ち込む姿に山里のわだかまりも消え、互いに経験を積んで成熟したことで、18年には初の単独ライブを行うほど絶大な信頼を寄せ合うようになった。しずちゃんも蒼井との食事の席に山里を呼び、蒼井が山里を尊敬していることを告げるなど交際も後押しした。

 結婚を知らされたのは1週間前で「ボケのつもりやったのに」と憎まれ口も叩いたが、2人の結婚が心からうれしい様子。「こんなクズを素敵な優ちゃんがよくぞもらってくれた。山ちゃんは調子に乗って天狗(てんぐ)になることがあるのに、ちゃんと叱ってくれる素晴らしい人」と称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月6日のニュース