山里亮太「結婚することが、怖くて…」 妬みキャラとのはざまで苦悩 ファンの祝福に感謝

[ 2019年6月6日 13:42 ]

「南海キャンディーズ」山里亮太
Photo By スポニチ

 人気女優の蒼井優(33)と電撃結婚したお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)が5日に都内で開いた2ショット会見後、TBSラジオ「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演し、リスナーに結婚を生報告した。

 番組ラストでリスナーからの祝福メールの数々を読み上げた山里。「実は結婚は凄く悩んでて。っていうのも、ラジオでずっとその逆の人生の話をしていて。それで、そういう人たちを妬んできてて、幸せになることが、あんまり良くないかなぁと。なんか幸せになったら、リスナーの皆が俺のラジオ聴く意味なんかなくなって、楽しくなくなるかなぁと、ずっと思ってて…ごめんなさい。結婚することが、怖くて…」とこれまで「ブサイクキャラ」「もてない」が代名詞でやってきた自身の結婚に悩んだことを声を詰まらせながら告白した。

 そんなある日、番組リスナーが新しく出した店に食事に行き、そのリスナーに「いつかこういうところで、誰か好きな人ができて連れてきて。俺が幸せだったら、裏切られたとかってなるもんな」と話したところ、そのリスナーが「いや、ボス。僕らみんな、ボスが幸せになる日におめでとうって言う準備できています。僕ら別に、ボスの不幸だけでラジオ聴いてるわけじゃないんで、気にしないで好きな人ができたら、自分ところに来て、メシ食ってください」って言葉を掛けてくれたという。

 山里は「自分は人に対しての恨みつらみとか、そういうのでしか笑いが取れないんじゃないかっていう恐怖みたいなのがあった」と率直な思いを明かしながらも、「こうやってリスナーがこういう節目の時に『そんなことない』と。『そんなことで俺たちはここについてきてんじゃないぞ』っていうことを言ってくれたおかげで、その声が聞こえて、好きな人ができたときに結婚しようという選択ができました」とリスナーのおかげで結婚に踏み切れたと感謝した。

 「本当に、皆さんのおかげで、いろんな夢が叶っています。まだまだ怒りとかぶつけたいこともたくさんあるんで、ここでまた皆さんとこうやって会えることを楽しみに、頑張っていきたいと思います。本当に僕と結婚してくれた蒼井優さんに感謝しながら、もっともっと精進しますので、皆さんこれからもどうぞよろしくお願いします。ありがとうございました」と涙ながらに決意を語り、番組を締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月6日のニュース