山ちゃん「ぼくと結婚してみます?」求婚も上から目線 「合鍵を渡していいですか」には「はい」

[ 2019年6月6日 09:01 ]

「南海キャンディーズ」山里亮太
Photo By スポニチ

 人気女優の蒼井優(33)との結婚を発表し、5日に2ショット会見を開いたお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)が会見から一夜明けた6日、日本テレビ系「スッキリ!!」(月~金曜前8・00)に生出演。出演者やスタッフからの祝福を受け、あらためて喜びをかみしめた。

 スポニチ本紙が結婚を報じた4日には、山里の親友の「天の声」として同番組に出演し、「すっぱ抜かれた~」などと話していた山里だが、この日は祝福の紙吹雪が舞う中、本人として登場。MCの「極楽とんぼ」加藤浩次(50)から花束が贈られ、割られたくす玉には「祝 結婚!山ちゃん」の文字。熱狂的な歓迎に「正直、こういう迎え入れ方ってヒュー・ジャックマンからじゃないですか。怖いです」と本音をもらして笑わせた。

 この日は、会見では触れられなかった正式なプロポーズの言葉を公開した。

 2人きりの初めてのデート。誘い文句は「(テレビ番組の)『テラスハウス』のご機嫌なゴシップがありますよ」だったという。さらに「ゴシップの続報がありますよ」と2回目のデートに。その際、山里は2軒目の店で飲みすぎて、かばんを置いたまま帰宅してしまったという。

 蒼井が店に確認をとり、当日夜に再会。そこで交際を申し込み快諾されたと明かした。

 翌日以降から「LINEに敬語が減ってきた」と変化を感じ取ったという山里。プロポーズの言葉については「僕が先に家を出なくてはならないときに『重いと思わないでほしいんですけど、深い意味はなく、合鍵を渡していいですか』だった」と告白。その際の蒼井の返事は「深い意味でもいいですよ」。そこで「ぼくと結婚してみます?」と伝えたところ返事は「はい」だったと打ち明けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月6日のニュース