吉岡里帆 見えない「うなぎ」に絶叫連発

[ 2019年5月23日 19:12 ]

見えない「うなぎ」に複雑な表情の吉岡里帆(右)と玉森裕太
Photo By スポニチ

 女優の吉岡里帆(26)が23日、都内で開かれた出演映画「パラレルワールド・ラブストーリー」(森義隆監督)の公開直前イベントに出席した。

 2つの世界(パラレルワールド)に迷い込んだ若者が真実を探すストーリーにちなんで、主演でKis―My―Ft2の玉森裕太(29)と「真実はどっち?」をテーマにクイズ対決。中身が見えない箱に両手を突っ込み、中の生物を当てる質問では絶叫を連発。うなぎを触っていたことが分かると、汗ばみながら苦笑した。

 イベント自体の対決は、吉岡に軍配。9割以上が女性で、玉森ファンが埋め尽くした会場の雰囲気を察して、「イベント的には本当は(私が)負けた方がよかったんですよね…」とポツリ。それでも、夜は何を着て寝るか?と問われ、玉森が「パジャマです。綿製とシルク製、両方持ってます」と答えたのに続き、吉岡は「私も」と回答。「ピンクです。上下セットです」と恥ずかしそうに続け、一部の男性ファンを喜ばせた。

 映画の原作は140万部を売り上げた東野圭吾氏作のミステリー小説。玉森は頭脳明晰(めいせき)、スポーツ万能の崇史役。恋人の麻由子(吉岡)は、もう一つの世界ではなぜか親友の智彦(染谷将太)と交際。目が覚めるたびに変わる世界で、崇史が真実にたどりつけるのかを描く。31日公開。

 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年5月23日のニュース