NMB48・磯佳奈江が卒業発表「アイドルはやりきった」 INAC神戸の応援大使就任も報告

[ 2019年5月23日 21:18 ]

NMB48の磯佳奈江
Photo By スポニチ

 NMB48の磯佳奈江(25)が23日、大阪・難波のNMB48劇場で行われた劇場公演で、グループを卒業すると発表した。最終活動日は

未定。

 また、自身のブログでも「アイドルはやりきった、そう思い卒業を決めました。アイドル人生、後悔は本当にないんですけどやっぱりひとつだけ悔しかったことがあって…選抜メンバーに入って皆さんに嬉しい報告ができなかった事だけが悔いが残るんですけど、でも私はすべてやりきりました」と卒業を発表。「20歳という年齢はちょっと遅いかもって皆に思われると思って、約6年間がむしゃらに頑張ってきました。辛いこともたくさんありましたけど、それより私はアイドルになりたくてアイドルになったので毎日が楽しくてキラキラしている本当に幸せな時間でした」と振り返った。

 さらに、サプライズでなでしこリーグの「INAC神戸」の応援大使に任命されたことを報告。さらに「寂しい卒業ではないので、次の未来に向かって進まなきゃいけないなっていう時期なので卒業発表をさせていただきました。卒業公演、そして最終活動日はまだ決まってないんですけど、それまでどうか磯佳奈江の応援を宜しくお願いします」とつづった。

 磯は小学生時代に2度もサッカーの全国大会に出場し、ベスト8に入った経験もある。自他ともに認めるサッカー通で有名。小学生時代にチームメイトだった京川舞選手が所属する神戸を大いに盛り上げていくことを誓っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年5月23日のニュース