田口容疑者「熊本ふれんず応援大使」解任 熊本市「イメージ著しく損なわれる」食イベントも延期

[ 2019年5月23日 20:17 ]

田口淳之介容疑者
Photo By スポニチ

 22日に歌手の田口淳之介容疑者(33)が厚労省麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕された事件を受けて、熊本市は23日、田口容疑者が務めていた「熊本ふれんず応援大使」解任を発表した。

 大西一史熊本市長が23日の定例会見前に「本市としても大変重く受け止めている。『熊本ふれんず応援大使』は熊本地震からの復興や地元食材をアピールするために任命したが、逮捕を受けて、応援大使のイメージが著しく損なわれることに対して、田口氏には大使をやめていただくべきと判断した」と説明した。

 5月29日に東京で開催を予定していた熊本の食のPRイベントも延期して仕切り直すとし「今回の件で、市民の皆様をはじめ、本事業に協力してくださった関係者の皆様方に深くお詫び申し上げます」とコメントした。

 熊本は交際中の女優小嶺麗奈容疑者(38)の出身地。田口容疑者は熊本地震の時にボランディア活動をしていた。本人から復興の手伝いをしたいという打診を受けて18年9月、同大使に任命された。

 ABCラジオ(大阪市福島区)が6月1日に予定していた冠特番「田口淳之介の電波工作~電フェス!!~」(後9・30~10・00)の放送中止を決定。CSチャンネルの冠番組放送やデジタル写真集「A Man」の販売中止、同写真集の発売記念イベントの中止のほか、6月1日に滋賀県のライブハウス「やまなみ工房ライヴハウスBanBooBon」で開催予定だったアコースティックライブが中止になるなど、余波が広がっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月23日のニュース