チョコプラ、KOCは「絶対優勝」 今年もギャラアップ狙う

[ 2019年5月23日 13:28 ]

「キングオブコント」の第12回2019大会開催決定会見に出席した(左から)「マヂカルラブリー」村上、野田クリスタル、「ハナコ」菊田竜大、秋山寛貴、岡部大、「チョコレートプラネット」長田庄平、松尾駿
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「チョコレートプラネット」と「マヂカルラブリー」が23日、都内で開かれた「キングオブコント2019」大会開催決定会見に出席し、参戦への意気込みと優勝できなかったときの公約を発表した。

 昨年、決勝3位だったチョコプラだが、長田庄平(39)は同席した昨年の優勝者「ハナコ」の前で「マジで悔しかった。冠がここまで来ていたのに」と悔しさをぶつける。しかし、出場後に「まあ、売れましたね。出たあとにガーッときた」と松尾駿(37)。ギャラも8000円から9000円に上がった」と喜んだ。今年はさらに「絶対優勝して、ギャラを9000円から1万2000円にしてもらう」と意気込んだ。

 昨年、決勝7位だったマヂカルの野田クリスタル(32)は今年は「もうちょい順位を上げます。5位に」とやや消極的。マヂカルも昨年の活躍でギャラが「5000円から6000円」に上がったという。野田は「ネタは未完成。体も未完成。脱ぐためにそろそろ体仕上げてみせますから」と意気込むと、「ネタ仕上げろよ」と周囲からツッコミが入った。

 また、優勝できなかったときの公約として、チョコプラ・松尾は「ものまねをふうい~ん(封印)」とIKKO(57)のものまねで大胆発言。「そのくらいの気持ちでいます」と言いつつも、封印するのは「一度やってすべっている小池百合子さんのものまね」とした。長田は「お気に入りの小道具作るときのインパクトドライバーを使わない」と宣言した。

 一方、マヂカルの野田は「優勝しない確率がだいぶ高いので…。5位になれなかったら、すぐ脱いだりするのをやめます」とし、「1回グッと耐えてから脱ぐようにする」と消極的かつ拍子抜けな公約で会場を沸かせた。相方の村上(35)は「優勝できなかったら…。徳が低いということで100時間ボランティアをする」に加え、「誰も知らないウルトラマンのものまねをやめます」と宣言した。

 また、優勝した場合もらえる賞金1000万円の使い道について、チョコプラの二人は「コンビでTT兄弟で盛り上がったので、小さくてもいいからTTパークを作りたい」と夢を語った。マヂカル・野田は「脇汗がすごいと言われたので、手術をしたい」とし、村上は「バイトしていたバーが100万円で売りに出ているので、買いたい」と話した。

 「キングオブコント」はプロアマ不問で2人以上のユニット(事務所に所属する芸人は即席コンビは禁止)で、5月23日~7月12日までエントリーを受付。6月下旬から順次予選、順々決勝、準決勝を勝ち抜いたユニット3組が決勝に進める。決勝は今秋放送予定。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月23日のニュース