「仮面ライダージオウ」次はキバと共闘 松田賢二、高橋ユウらレジェンド参戦

[ 2019年5月5日 15:32 ]

釈由美子
Photo By スポニチ

 平成仮面ライダーシリーズ20作目の記念作として、伝説のヒーローたちが再登場するテレビ朝日系「仮面ライダージオウ」(日曜前9・00)は、12日の次回放送から第9作「キバ」に焦点を当てる。2008年1月~2009年1月の放送の「仮面ライダーキバ」でレギュラーを務めた松田賢二(47)、高橋ユウ(28)、杉田智和(38)が再びスーパーヒーロータイムを彩る。

 「キバ」は、原作者の石ノ森章太郎さん生誕70周年記念作品でもあり、「吸血鬼」がモチーフ。松田は、主人公をサポートするガルル/次狼役を演じた。ほかの平成シリーズでは「斬鬼」「凍鬼」などの仮面ライダーも務めている。

 番組公式ホームページで松田は「シーンの一つが当時と同じ喫茶店でした。お店の方に十数年前一緒に撮った写真を見せて貰い、色々思い出しました。当たり前だけど歳月の流れを感じます」とコメント。「キラキラしたジオウの世界にエロエロした次狼がどう関わるのか、楽しんで頂ければ幸いです」と見どころを予告している。

 ヒロインを演じた高橋はカメオ出演。また、11年前はコウモリのキャラクター「キバットバットⅢ世」などの声優を務めた杉田智和(38)は、今回新登場の「仮面ライダーギンガ」の声を担当する。

 「仮面ライダージオウ」は2018年9月のスタートから、過去19作の伝説の歴代ライダーとともに意外なゲストが毎回登場することで新旧ファンの間で話題を集めている。「フォーゼ」編ではアンガールズの田中卓志(43)、「アギト」編では賀集俊樹(40)と秋山莉奈(33)など、レジェンド出演者が再び顔を見せた。

 「キバ」編は12日と19日に放送され、女優の釈由美子(40)もゲストで加わる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月5日のニュース