ライムスター宇多丸が退院 大腸憩室炎から「快復」 今週中にも仕事復帰

[ 2019年5月5日 19:50 ]

「RHYMESTER」の宇多丸
Photo By スポニチ

 大腸憩室炎で入院していたヒップホップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のMC・宇多丸(49)が5日に退院したことが分かった。グループの公式サイトで発表された。

 公式サイトは「宇多丸は快復し、本日退院しました」と報告。「この度は大変多くの方にご心配とご面倒をおかけし、申し訳ございませんでした」とお詫びした。

 今後の仕事復帰については「あと少しだけ主治医の先生のご指導のもと、大事をとってお休みさせていただき、今週中にも万全の体調を整えて、お仕事に復帰できればと存じます」とした。

 宇多丸は4月27日のライムスター高崎公演後に大腸憩室炎と診断され、入院。レギュラー出演するTBSラジオ「アフター6ジャンクション」(後6・00)、TOKYO MX「バラいろダンディ」(後9・00)などを欠席していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月5日のニュース