みやぞん「絶対売れると思ってた」 滝沢カレン「かっこいいー」丸山桂里奈「本能を引き出してる」

[ 2019年5月5日 09:04 ]

(左から)滝沢カレン、丸山桂里奈、みやぞん
Photo By スポニチ

 5日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)にお笑い芸人・みやぞん(34)が、元サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のメンバーでタレントの丸山桂里奈(36)、モデルの滝沢カレン(26)と共に出演。自らのポジティブ思考について語った。

 みやぞんは丸山から「売れる前、不安なかったんですか?」と問われると、「不安はないんですよ、30(歳)で売れると思っていたし」と即答。さらに続けて「性格がいいのか悪いのかわからないけど、あらぽんに、今頑張ったって無理だよ、30からだから」と話していたという。

 「絶対売れるって思ってたし、テレビに出てない自分が想像できなかった。(売れた時も)だろうなって…」と話すと滝沢は「えー、かっこいいー」と感心。みやぞんは「小学校の文章にも、お笑いやりたいし、歌を歌って稼ぎたいって」書いていたそうで、すべて思うとおりに来ていることを明かした。

 しかし、みやぞんは「僕はネガティブらしいです」と最近、マネジャーからネガティブを指摘されたことを紹介。これに滝沢は「えー、どこがですか?」と不思議そうな表情。「楽屋とかで『その言葉がネガティブなんだよ』って言われて。だからこそポジティブもってこうとしてるみたい」とみやぞんは自己分析した。

 これに丸山は「そういう人の方が、人間として生命力が強そう」とコメント。「落ち込んだり、ネガティブでも、それをまた、ポジティブに変える力がある人って、人間の本能みたいなものを引き出してる人かもしれない」と評価すると、みやぞんは「そうなの?」と困惑気味だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月5日のニュース