加護亜依が新ユニット結成 自ら企画、プロデュース「私がしたいエンターテイメント始めます」

[ 2019年5月5日 21:02 ]

元「モーニング娘。」の加護亜依
Photo By スポニチ

 元「モーニング娘。」の加護亜依(31)が5日、自身のブログを更新し、新たにユニットを結成したことを報告した。

 「この度、予てより舞台・MV等でfeaturingしておりました
ボクらの罪団と加護亜依企画・プロデュースによる新ユニット!!!“わたしとボクらの罪団”を結成致しました」とし、「奇妙なご縁で、彼らとはこの3年間 舞台や音楽を作ったりとエンターテイメントを共に創って参りました」と、3年間ともに活動していたことを明かした。

 「特に何も考えていなかったのですが せっかくの奇妙なこのご縁を何か形にしたく この度ユニットを結成致します事をご了承下さい。新しい世界へ 私がしたいエンターテイメント始めます」とつづった。

 「ボクらの罪団」とは、映像、舞台、イベント等様々な活動を行うエンタメ活動集団として立ち上げられ、生誕5周年を迎えた。

 「ボクらの罪団」公式ツイッターでは、「この度、予てより舞台・MV等でfeaturingしておりました 加護亜依企画・プロデュースによる新ユニット〝わたしとボクらの罪団〟を結成致しました」と投稿し、近日中に新作ミュージックビデオを公開することも予告している。

 加護は3月30日に同期の辻希美(31)とのユニット「「W(ダブルユー)」のコンビを13年ぶりに復活させており、音楽活動に力を入れている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月5日のニュース