元℃―ute鈴木愛理 ノーバンならずもナイスボールに大喜び

[ 2019年5月5日 15:03 ]

<ロ・日>始球式を行った鈴木愛理(撮影・西海健太郎) 
Photo By スポニチ

 J:COMスペシャルデーとして行われたZOZOマリンのロッテ―日本ハム戦の始球式を千葉県出身でアイドルグループ℃―uteの元メンバー、鈴木愛理(25)が務めた。

 打席の井上に向かって大きく振りかぶってから左足を高々と上げるフォームで投げ込んだボールは、ホームベース手前でワンバウンドしたが、捕手役を務めた鈴木大地のミットまで真っすぐ届いた。

 両手を突き上げた後に小さく拍手をして大喜びした鈴木は「もともと球技が苦手で、今日のファーストピッチのために一生懸命練習してきたので、真っすぐ投げることができて良かったです」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月5日のニュース