松本人志 NGT48山口騒動に「責任者は誰なんだ」 志らくは「体のいい追放」

[ 2019年5月5日 11:00 ]

「ダウンタウン」松本人志
Photo By スポニチ

 「ダウンタウン」の松本人志(55)が5日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。昨年12月にファンの男2人に襲撃された事件を発端に、グループ卒業を発表したNGT48山口真帆(23)の事件について言及した。

 事件について、アイドル好きとして知られる「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)は「早くわかりやすく、この人が悪かったんです!っていうのを打ち出してやらないと、関わっていない子たちがこんなにやりづらい環境でアイドルをやるのがかわいそう。明確にコイツとコイツが悪いから切りました!っていうのを早くもらえたらな。そうじゃないと、ファンの方がモヤモヤしてライブに行っている。NGTのライブがそっちのほうが気になって盛り上がっていないのは、ちゃんとやっている子がかわいそう」と語った。

 さらに、落語家の立川志らく(55)は「卒業じゃなくて、体のいい追放のように感じる。いじめと何ら変わりない、学校の」とバッサリ。「クラスで女の子がいじめられていた。それがエスカレートして他の学校の男子にいじめをさせたと。それで、先生に訴えて、『教育委員会に相談する!』って言ったら、結局、いじめと同じで『いじめはありませんでした』『君はいろいろ学校の事を悪く言うから、他の学校に行ってくれ!』と。はたから見ていると追い出したような形」と構図を説明。「中に入るといろいろある。細かいことは邪推でしかない」とした上で「世間的には多くの人がそう見ていると思う。山口さんがものすごく気の毒に見える。彼女は被害者なのに、なんで大人たちは彼女を助けないのか。助けられないんだったら、若い女の子をたくさん集めて商売しちゃいけない」と運営側を批判した。

 松本は「アイドルって明るい存在で、みんなを楽しませないといけない」と4月28日に行われた指原莉乃(26)の卒業コンサートを引き合いに見解。「この暗いイメージをいつまでもダラダラダラダラくすぶっている責任者は誰なんだということですよ。これから彼女をどこかのプロダクションが引き受けて気持ち良くスタートできたら(いい)。どこか吉本以外の事務所が見つかれば本当にいい。吉本はダメですよ」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月5日のニュース