きんに君「悔し」2位 減量で“本業”支障も「It’s My Life」大歓声

[ 2019年5月5日 05:30 ]

ミスター75キロ以下級ファイナル、「ボン・ジョヴィ」の「It’s My Life」に合わせてフリーポーズで雄叫びをあげるなかやまきんに君(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 お笑い芸人のなかやまきんに君(40)が4日、都内で行われた「東京オープンボディビル選手権大会」のミスター75キロ級に出場し、17人中2位となった。

 結果を受け「優勝を目指していたので悔しいです」としみじみ。体は過去最高に大きくなっているといい、その分減量にも苦労した。「ここ2カ月は栄養が足りなくて、ボケとかツッコミとかお笑いが分からなかった」と“本業”にも支障が出ていたという。だがこの日は、ネタでも使用している「ボン・ジョヴィ」の「It’s My Life」が流れると大歓声。約1000人の観客が、笑い声ではなく歓声を上げて肉体美を称えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月5日のニュース