ひろゆき氏 石野卓球と瀧被告の2ショット写真に「すげえ叩くのが、みんな暇だなあって思う」

[ 2019年5月5日 11:48 ]

西村博之氏
Photo By スポニチ

 「2ちゃんねる」創設者の西村博之氏(42)が5日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に出演。音楽ユニット「電気グルーヴ」の石野卓球(51)が自身のツイッターで、コカインを摂取したとして逮捕・起訴された相方のピエール瀧被告(52)と1カ月半ぶりに再会したことを報告し、笑顔で肩を組む2ショット写真を掲載したことに言及した。

 石野はツイッターで「一カ月半ぶりに瀧くんと会ったよ」と報告し、笑顔の瀧被告と肩を組む2ショット写真をアップロード。「汗だくになるほど笑った!」とつづった。

 ひろゆき氏は、2ショット写真を見ながら「ピエールさん、口、真一文字だから、笑顔じゃないと思うんですよ。石野さんは全然笑顔ですけど」と言い、「別に石野さんは悪いことしてないじゃないですか。すごくうまく撮れた写真だと思うんですよ。ピエールさんは笑わないで一応朗らかな表情で、隣の石野さんは悪いことしてないから久しぶりに友だちと会えて笑顔っていうだけなのに、すげえ叩くのがみんな暇だなあって思う」と持論を述べていた。

 さらに「みんながみんな、俺(自分)が正義だと思っていて。なにが正しいとかないので…。正義感で人を叩くのって気持ちいいんですよ、心理学的に」と説明。いいことすると幸せになれ、正義感で人を叩くとそれが簡単に手に入ると言い「家でゴロゴロとネット見てピチポチ押してるだけで、すごい手軽な娯楽」と指摘。「爆笑問題」太田光(53)から「じゃあ、あなたが1番悪いんじゃない、そういう場、つくっちゃだめだよ」と言われると、「いやあ、みんなパンドラの箱開いちゃったのかなって」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月5日のニュース