丸山桂里奈 8股をかけられても別れなかった理由 彼氏に全員の写真を見せられ…

[ 2019年5月5日 10:08 ]

元サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のメンバーでタレントの丸山桂里奈
Photo By スポニチ

 5日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に元サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のメンバーでタレントの丸山桂里奈(36)が、お笑い芸人・みやぞん(34)、モデルの滝沢カレン(26)と共に出演。8股された過去を振り返り、自らの恋愛観について語った。

 丸山は、過去に8股をかけられていることをほかの番組で告白しており、滝沢からは「なんで8人でもいいと思うんですか?」との質問が。これに丸山は「まず8人と縁がある人だなって。私、縁が一番だと思ってて、この世で。私をいれて8人と付き合ってるってことは、8人と出会ってる。だからその縁を引き寄せるのが凄い人なのかなって思って。違う才能があるのかなって」と自分なりの理由があったことを説明した。

 それでも「2番だった」と告白すると、「えー、結局?」と滝沢は反応。続けて、酔っぱらった彼氏が携帯電話で8人全員の写真を見せてきたことを告白すると、2人は絶句。丸山は「一人だけすごい可愛い人がいて。私は顔だったら2番。あとは私も含めみんな中ぐらいで、半分くらい同じ顔だった」と8人全員を見た時の感想を述べた。

 これにみやぞんは「かりちゃんの、その顔が好きだってことは本気だよ。だってみんなその顔集めるって本当のコレクターよ、本当に好きってことよ」とフォローしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月5日のニュース