×

広島、延長12回ドローで首位返り咲きならず 田中広はチャンスで3三振…

[ 2022年5月15日 18:14 ]

セ・リーグ   広島5ー5ヤクルト ( 2022年5月15日    マツダ )

<広・ヤ>初回2死一塁、村上(右)に先制2ランを浴びたアンダーソン(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島は延長12回引き分けで、首位返り咲きはならなかった。

 先発・アンダーソンが5回途中5失点と乱調だったが、6回に代打・松山の2点適時二塁打で同点に。8回2死一、二塁で田中広が空振り三振に倒れてチャンスを生かせず延長戦に突入すると、10回2死満塁で田中広が再び空振り三振を喫した。

 11回は1死二塁も実らず、12回も1死一、二塁と攻めたが、田中広がまたも空振り三振、続く中村奨も倒れた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月15日のニュース