×

西武、首位・楽天に3連勝ならず 好機であと一本出ない展開も 辻監督「お互い様。投手は踏ん張った」

[ 2022年5月15日 17:58 ]

パ・リーグ   西武1―3楽天 ( 2022年5月15日    ベルーナD )

<西・楽>ベンチの辻監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武は好機であと一本が出ずに敗戦し、首位・楽天に3連勝とはならなかった。辻監督は「まあ、お互い様だね。向こうだって(あと1本が出ない場面が)いっぱいあったしね。うちもずっと追い詰められていたけど、ピッチャーが踏ん張って試合をつくってくれた」と振り返った。

 1―2の8回に、宋家豪ソンチャーホウから外崎、山川の連打で無死二、三塁としたが、中村、栗山がともに空振り三振、柘植が中飛に倒れて追い付けなかった。辻監督は「結果的にはあそこがね。みんなは点を取れると思うだろうけど、向こうもいい球を投げていたから。そういう駆け引きの中だから」と潔く語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月15日のニュース