×

巨人・原監督「うーん。ナイスバッティング!」 この日観戦したミスターばりのコメントで増田陸ほめる

[ 2022年5月15日 19:00 ]

セ・リーグ   巨人3―9中日 ( 2022年5月15日    東京D )

<巨・中>6回、ソロ本塁打を放つ増田陸(撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 巨人の増田陸内野手(21)が中日戦(東京D)の6回にプロ4年目にして待望の初本塁打をマーク。8回にも適時内野安打を放ち、大敗したチームにあって2打数2安打2打点と活躍した。

 0―8と一方的な展開となって迎えた6回だった。まずは先頭打者の3番・ポランコが右中間スタンドへ7号ソロを放って1―8。その後、岡本和、中田の4、5番コンビが凡打に倒れて2死走者なしとなった場面で3番手右腕・桜井に打席が回ると、ここで増田陸が代打に登場。相手先発右腕・柳が2ボール1ストライクから投じた4球目、高めカットボールを叩いて左中間スタンド中段に叩き込んだ。

 7回からはそのまま二塁の守備につき、8回には2死三塁で遊撃へ適時内野安打。2打数2安打2打点となった。

 試合後、増田陸について聞かれた巨人の原辰徳監督(63)は「そうね。あの、うん、ま、ね。いいバッティングをしてね。う~ん。うん…。うん。そうね。こ、こう(送球のジェスチャー)言いたくないけどね。うーん。ナイスバッティング!」と9回に悪送球でプロ初失策を記録したことも踏まえ、この日の試合を観戦した長嶋茂雄終身名誉監督(86)ばりのコメントを発して、ほめていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月15日のニュース