西武・山川 来季はあいみょんになる!? 念願の対面で感動「すごく自分らしく生きているなと」

[ 2021年12月5日 17:28 ]

契約更改後に会見する西武・山川穂高(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 西武の山川穂高内野手(30)が念願だったシンガーソングライター・あいみょん(26)との初対面を振り返り「あいみょんは自分らしさ全開だった。あいみょんは、あいみょんでした」と笑顔で話した。

 山川は、11月30日に行われたあいみょんの日本武道館公演にチームメートの高橋光成投手(24)とともに訪れ「この何年かで人生で一番衝撃を受けた、生で聞くと違うなと思いました」と振り返った。インスタグラムのアカウントを自身の名前とあいみょんを組み合わせた「hotamyon3」にしたり、今年の目標に「あいみょんと会うこと」と掲げるなど、憧れの存在と関係者を通じて楽屋で対面。「お話しもしましたけど、すごく自分らしく生きているなと思った。その魅力や格好良さがある。すごく人気があって、あれだけの歌声を出せて人を奮い立たせる能力がある」と感銘を受けた。

 その上で不振に終わったこの2年を振り返り「自分らしくしようとしても難しいところがあった。自分も変に飾るのではなく、来年以降、自分らしく生きていく。山川穂高をみんなに見せる気持ちでやっていこうかな」と気持ちを新たにしていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月5日のニュース