古田敦也さん「我々も松坂くんの偉業を伝えていかないといけない」 代表でバッテリー組んだ後輩労う

[ 2021年12月5日 17:12 ]

古田敦也氏
Photo By スポニチ

 元ヤクルト監督で、野球解説者の古田敦也さん(56)が5日、テレビ朝日系「サンデーLIVE!!」(日曜前5・50)に生出演。今季限りで現役を引退した元西武の松坂大輔さん(41)を労った。

 前日4日に行われた引退セレモニーにマリナーズ会長付特別補佐兼インストラクターのイチローさん(48)がサプライズ出演。松坂さんが大粒の涙を流したことでも大きな話題を呼んだ。

 このニュースを番組で取り上げた際、かつて日本代表でバッテリーを組んだこともある松坂さんについてコメントを求められた古田さんは「1999年なんですけど、シドニーオリンピックの予選、アジア大会に出たんですけども。その時、松坂くん、まだ1年目だったんですけどね、日本を背負ってといいますかね、非常にいいピッチングをしてオリンピックの出場を決めたんですけども。やはり高校時代からね、噂にたがわぬといいますかね、プロに来ても1年目から大活躍だったんで本当に一時代を盛り上げてくれて。晩年ちょっと肩を痛めて苦しんだんですけど、その分、我々も松坂くんの偉業を伝えていかないといけないと思いますね」としみじみとその功績を振り返って労った。

 そして、松坂さんの今後について聞かれると「色々な意味で色々な経験をしているんでね」とした上で「後進に本当にたくさんのものを伝えていただきたいと思いますね」と指導者としての松坂さんにも期待していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月5日のニュース