×

日立製作所・阿部、大会タイ7者連続K SUBARUから補強で参戦「甘くならないように心掛け」

[ 2021年12月5日 05:30 ]

第92回都市対抗野球2回戦   日立製作所1―2東邦ガス ( 2021年12月4日    東京D )

<東邦ガス・日立製作所>力投する日立製作所先発の阿部(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 日立製作所の先発・阿部が大会タイ記録となる奪三振ショーを演じた。初回先頭から7者連続三振を奪い、78年の松沼博久(東京ガス)の記録に並んだ。

 「元々、自分は三振を奪うタイプじゃない。甘くならないように心掛けたら、あのような形になった」

 チームはタイブレークの末にサヨナラ負け。しかし、SUBARUからの補強で参戦した社会人3年目の左腕は直球とチェンジアップのコンビネーションがさえ、大会初登板で6回1/3を2安打無失点、11奪三振と輝いた。

 東洋大時代は上茶谷(DeNA)、梅津(中日)、甲斐野(ソフトバンク)の陰に隠れ、東都大学リーグ戦では4年春の立正大戦で3イニング投げただけ。「全国舞台で自分の投球が通用した。今でもプロに行けるなら行きたい」と力強く話した。(伊藤 幸男)

 ▼元西武・松沼博久氏(東京ガス時代の78年に7者連続奪三振)凄いね。どうせなら抜いてくれても良かったのに…。阿部君は(東洋大の)後輩だからタイで終わってくれたのかな。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月5日のニュース