DeNA・牧 コーディネート対決優勝、「神奈川の牧」に扮し「ファンの方に喜んでもらえた」

[ 2021年12月5日 05:30 ]

ファン感謝イベント ( 2021年12月4日 )

冬のオシャレコーデ対決で優勝した牧(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの新人・牧がシーズン同様にファンの心をつかんだ。横浜スタジアムで行われた「ファンフェスティバル」で6人の選手が冬のコーディネートで対決する企画に参加。人気アニメ「スラムダンク」のキャラクター「神奈川の牧」こと、牧紳一をまねたユニホーム姿で登場するとまさかの優勝に輝いた。

 「堂々としていようと。球団が用意して、“本当にいくんか”と思ったけど、ファンの方に喜んでもらえたから」と牧。私服をバッチリと着こなしたライバルたちを見事に抑えた。今季は打率.314、22本塁打、71打点の成績を残したが、オフも風格十分だ。開幕から同アニメの主題歌を打席登場曲に使用していた背番号2は「(肩が露出し)寒かったけどファンと交流できた。また来年、頑張ろうと思った」と声を弾ませた。(大木 穂高)

 ≪4コーチ登場に拍手≫例年同様にグラウンド上と球団公式YouTube内の企画が同時進行で行われた。グラウンドでは閉会式前に来季1軍新入閣の斎藤、石井、鈴木、相川の各コーチが登場。紹介されるとファンから大きな拍手を浴びた。YouTubeでは三浦監督がドラフト1位・小園と特別対談。指揮官は「横浜が第二の故郷になるように頑張れ」と右腕にエールを送った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月5日のニュース