マスターズ甲子園開幕 能代OB、サブマリン投法の山田久志氏が先発 打者1人を空振り三振

[ 2021年12月5日 05:30 ]

<能代・御所実>先発した能代・山田久志(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 高校野球OBによる「マスターズ甲子園」が4日、2年ぶりに開幕した。高3時の昨年に春夏の高校野球の全国大会がコロナ禍で中止となった神奈川県選抜の田口凌さん(19=横浜商OB)は、三重OB戦に三塁手として出場。「皆さんが(甲子園を)聖地だと言う理由が、凄く分かりました」と目を輝かせた。

 阪急で通算284勝を挙げた元中日監督の山田久志氏(73)は能代OBの先発として御所実OB戦に登板。サブマリン投法で打者1人を空振り三振に仕留め「楽しかった。何より良かったのは校歌。自然に出てくるものだね」と笑顔を見せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月5日のニュース