×

大谷翔平MVP 契約メーカーからも祝福の声 デサントは大谷モデルダウンを「46着」限定生産

[ 2021年11月19日 15:29 ]

エンゼルス・大谷
Photo By スポニチ

 大リーグ機構(MLB)は18日(日本時間19日)、今季のMVPを発表し、投打二刀流による歴史的な活躍をしたエンゼルスの大谷翔平投手(27)がア・リーグMVPに選ばれた。満票選出は15年のハーパー(当時ナショナルズ、現フィリーズ)以来、6年ぶり19人目の快挙となった。

 日本選手では01年のイチロー(マリナーズ)以来、20年ぶり2人目の快挙。日本ハム時代の16年にパ・リーグMVPに選出されており、日米で選手最高の栄誉に輝いた。今オフの大谷は歴史的な活躍による受賞ラッシュで、MVP獲得により「8冠」となった。

 契約するスポーツメーカーからも祝福の声が挙がった。

 2014年からアドバイザリー契約を結んでいるデサントジャパンは、小川典利大社長が「大谷選手、MVP獲得おめでとうございます。満票での獲得の報告を受け、日頃から応援してきた社員一同、高揚しております。来シーズン以降も益々の活躍をサポートできるよう、さらに一丸となって臨んでまいります」と祝辞。

 大谷の出身地でもある岩手県奥州市の同社アパレル水沢工場で作られている高機能ダウンジャケット「水沢ダウン」の大谷モデル「MIZUSAWA DOWN FOR SHOHEI OHTANI」を、今季の本塁打数46にちなんで46着限定生産すると発表した。

 また、アシックスも「選手の役割が明確な近代野球において、最高峰のレベルの中で投げて打つ姿は、世界を魅了し、はかりしれない夢と希望を与えてくれました。驚異的なパフォーマンスはもちろん、野球に真摯に向き合いながらも楽しんでいる姿は特に印象的で、我々もスポーツが持つ力や可能性を改めて感じています。今回の受賞は、このような大谷選手の親しみやすい人柄も評価に含まれたのではないかと考えています。スポーツメーカーとして大谷選手を長年サポートさせていただき誇りに思います。今後も大谷選手らしいご活躍を期待しています」と祝福した。
 

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月19日のニュース