阪神 才木がシート打撃に 中野斬りでアピール

[ 2021年11月19日 14:12 ]

<阪神秋季練習>矢野監督を相手に投げる才木(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 阪神・野手組の秋季練習(甲子園)は19日、今秋初のシート打撃が行われ、才木が登板。長坂を空振り三振、藤田を遊飛、中野を中飛と3者連続で抑え、大山に四球を与えて初めて走者を背負う投球になると島田を三ゴロ(失策)、原口には左前打。打者6人に1安打、1四球だった。

 昨年11月に右肘内側側副靱帯(じんたい)再建術および右肘関節鏡視下滑膜切除術を受け、同12月に育成契約に降格。今夏からブルペン投球を開始し、12日にはフリー打撃に投げていた。来春1軍キャンプ切符を得るために、猛アピールを続けている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年11月19日のニュース