【大谷MVP投票記者の証言・東地区】「ゲレロが3冠王でも大谷」「脳の理解を超えた両方エリートレベル」

[ 2021年11月19日 18:30 ]

MVPに満票で選出された大谷(中央右)
Photo By スポニチ

 大リーグ機構(MLB)は18日(日本時間19日)、今季のMVPを発表し、投打二刀流による歴史的な活躍をしたエンゼルスの大谷翔平投手(27)がア・リーグMVPに選ばれた。満票選出は15年のハーパー(当時ナショナルズ、現フィリーズ)以来、6年ぶり19人目の快挙となった。

 満票での快挙。30人の記者たちは、どのような考えによって今シーズンの大谷の活躍を評価したのか。他の選手と迷った記者はいたのか。二刀流の数字の捉え方は。東、中、西3地区の投票記者それぞれの「証言」でひも解く大谷満票MVPの裏側――。

【東地区】

 ▼グレゴール・チゾム=トロント・スター(ブルージェイズ担当)
 「私は長くブルージェイズを取材してきたが、今季ゲレロが3冠王になっていたとしても、大谷に1位票を投じただろう。二刀流の価値をこう分析した。投げては9勝2敗、防御率3・22だった新人マノアよりも上。打っては45本塁打、102打点、15盗塁のセミエンとほぼ同等で、一人でこの2人分の働きをした。大谷がMVPであることは明らかだった。長い野球の歴史で100年もなかったことが起きた。9月になった時点でMVPは大谷とほぼ決めていた。仮にケガで1カ月試合に出ないとか、成績を極端に落とせば考え直したかもしれないが、そういうことはなかった。ブ軍は91勝71敗で貯金20、エ軍は77勝85敗と負け越してはいたが、大谷の方がゲレロよりもチームの勝利に貢献した試合数は多いと判断した」

 ▼マーク・トプキンズ=タンパベイ・タイムズ(レイズ担当)
 「二刀流のおかげで野手なり投手なりを余分にベンチに置けた。それはチームに与えた価値(バリュー)だと思う。ここ数年、二刀流育成に取り組むチームが増えたが、分かったのは大谷のように特別な選手ではないと難しいということだけだ」

 ▼アダム・ベリー=大リーグ公式サイト(レイズ担当)
 「大谷はこのスポーツを超越し、野球の伝統的な部分を飛び越えた。大リーグは全ての試合がハイレベルで、消化試合でプレーし続けたという意見には賛同しない。優勝争いに絡むからこそ出る力もあり、逆に難しい状況下だったかもしれない」

 ▼ロブ・ブラッドフォード=WEEI(レッドソックス担当)
 「バスケットボールのように少人数でプレーする球技と異なり一人で勝たせることはできない。チーム成績は大谷の責任ではない。主力がケガで不在の中、あれだけ打ったのは凄い。大きな経済効果ももたらした。投手としてはもっとやれる」

 ▼ピーター・エイブラハム=ボストン・グローブ(レッドソックス担当)
 「MVP選考では成績を細かなチャートなどでつくり、監督・コーチや選手の意見を聞く。コロナ前はよく選手と時間をかけて議論したものだ。多くの試合に出場し、素晴らしい数字を残し、チームに貢献できたかどうかが重要だと思っている」

 ▼エリク・ボランド=ニューズデー(ヤンキース担当)
 「MVP投票は3度目だが、これまでで最も容易な投票だった。大谷だ。過去誰もやっていないことをやり遂げた。近いのはベーブ・ルースのみだが、当時の野球は今とは違うスポーツだった。ゲレロが3冠王でも、打率4割でも、大谷だった」

 ▼ブレンダン・カティ=ニューアーク・スターレジャー(ヤンキース担当)
 「今季の選考は簡単だった。大谷は高品質な選手が一つの体に収まった選手。ゲレロの打撃が素晴らしくても、週に一度先発マウンドに立つことはなかった。終盤、ゲレロが抑え投手として活躍でもしない限り、大谷に届かないと思っていた」

 ▼スコット・ミッチェル=ザ・スポーツ・ネットワーク(ブルージェイズ担当)
 「普通の年ならゲレロがMVPを獲得していただろう。だが大谷がルース以来の二刀流をやってのけた。9月の時点でまだゲレロに投票する可能性はなくはなかった。3冠王に輝きチームをプレーオフに導いていたらどうだったか、興味深い」

 ▼スティーブ・メレウスキー=MASN(オリオールズ担当)
 「大谷は私の脳の理解を超えた凄いことを成し遂げた。メジャーに来た時から注目されていたが、今年は期待以上のものを見せてくれた。投手か打者、どちらか一方が平均的でも二刀流は信じられないことだが、両方エリートレベルだった」

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月19日のニュース