広島・森下「大地さん超えられるような投手に」、大黒柱の大瀬良残留に喜びと決意明かす

[ 2021年11月19日 05:30 ]

2月の広島キャンプで、並んでランニングする大瀬良大地(左)と森下暢仁(撮影・成瀬徹)
Photo By スポニチ

 広島の大瀬良大地投手(30)は18日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、来季以降もチームに残留すると表明した。マツダスタジアム内で会見し、残留の決め手に、球団への強い愛着を挙げた。今後は、球団の伝統を継承し、チームの先頭に立ってV奪回へと導く覚悟を示した。周囲からも、喜びの声が集まった。

 ▼広島・森下 本当にうれしいです。また一緒に野球ができる。いろんなことを教わりながら、大地さんを超えられるような投手を目標にして頑張りたいと思います。

 ▼広島・鈴木清明球団本部長 投手陣の中心の一人。(交渉の過程で)条件がそこまで大きく変わったりしたわけでもない。入団のときから結ばれていたような感じだったよね。

 ▼広島・佐々岡監督 こんなにうれしいことはない。エースであり、主将として投手のまとめ役でもある。球団としっかりと話ができていたので、大地にも誠意が伝わったと思う。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月19日のニュース