西武・光成「一発病」克服へ投球フォーム模索「しっくりくるところを探している」

[ 2021年11月19日 05:30 ]

キャッチボールをする西武・高橋(撮影・花里 雄太)
Photo By スポニチ

 西武のエースの高橋が「一発病」の克服を誓った。今季は自身初の開幕投手も務めてキャリアハイの11勝も被本塁打23はリーグワースト2位。「どうカウントを進めるか、戦略的なことも考えて、すんなり実戦に入れるようにしたい。カウントが有利ならホームランを打たれる率も変わる」と分析した。

 秋季練習では投球の際の足の上げ方なども模索。「自分のいいフォーム、しっくりくるところを探している」と説明した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月19日のニュース