引退の斎藤佑氏と早大で同期、楽天・福井「斎藤の分も頑張りたい」

[ 2021年11月19日 13:20 ]

楽天の福井優也
Photo By スポニチ

 楽天の福井優也投手(33)が19日、球団と契約更改交渉を行い、現状維持の2000万円でサインした。(金額は推定)

 今季は「ほぼ初体験」の中継ぎで19試合に登板。防御率4・43と踏ん張ったが「勝ちパターンの投手の凄さと一度打たれると防御率がすごく落ちる」厳しさも理解した。とはいえ来季以降もシビアな場面の登板で結果を残さないと生き残れない。「最低でも30試合以上、できれば40試合は投げたい」と目標を掲げた。

 早大在籍時は斎藤佑樹、大石達也(西武2軍投手コーチ)と東京六大学を沸かせたが、2人とも現役を引退。「斎藤、大石の分も頑張りたい。1年でも長くやりたいな、とあらためて思った」。福井はしみじみと語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月19日のニュース