59年ぶり“3球場日本シリーズ”、神宮大会とコンサート開催で「京セラD→東京D→ほっともっと神戸」

[ 2021年11月19日 05:30 ]

東京ドーム
Photo By スポニチ

 プロ野球の日本シリーズは20日に開幕する。過去8年連続でパ・リーグのチームが制している頂上決戦でヤクルトは20年ぶり、オリックスは25年ぶりの日本一を目指す。

 神宮球場で明治神宮大会が行われるため、ヤクルトはホームの第3~5戦で東京ドームを使用する。本拠地以外での開催は昨年の巨人(東京ドーム→京セラドーム)に続き8例目。ヤクルトは阪急と対戦した78年にも大学野球のため神宮球場が使用できず第1、2、6、7戦の4試合を後楽園で開催している。

 また、オリックスは京セラドームでコンサートの予定が入っているため第6、7戦をほっともっと神戸で開催する予定。日本シリーズが3球場で開催されることになれば50年の毎日―松竹(6球場=神宮、後楽園、甲子園、西宮、中日、大阪)、53年の巨人―南海(3球場=大阪、後楽園、甲子園)、62年の東映―阪神(3球場=甲子園、神宮、後楽園)以来59年ぶり4度目となるがどうか。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月19日のニュース