今オフポスティング、特例措置を導入 施設封鎖中は交渉期間“ノーカウント”で調整

[ 2021年11月19日 02:30 ]

 今オフのポスティングシステムを利用した移籍に関して、特例措置が取られることが17日、分かった。現行の大リーグの労使協定の改定協議が難航してロックアウト(施設封鎖)に発展すると、移籍交渉が凍結される懸念があるが、その間は30日の交渉期間にカウントしない方向で調整しているという。今オフは広島・鈴木誠が16日に同システムでのメジャー挑戦を表明。来週にも申請手続きを行う見通しとなっている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月19日のニュース