×

阪神・高橋「来季はもっとチームに貢献」 坂本と10月度バッテリー賞獲得

[ 2021年11月15日 17:00 ]

10月度の「最優秀月間バッテリー賞」セ・リーグ部門に選ばれた阪神の高橋遥人投手(左)と坂本誠志郎捕手
Photo By スポニチ

 スポーツ動画配信サービスのDAZN(ダゾーン)は15日、プロ野球10月度を対象にした「月間最優秀バッテリー賞」セ・リーグ部門に阪神の高橋遥人投手(26)と坂本誠志郎捕手(28)が選ばれたことを発表した。

 阪神バッテリーは、選考対象の9月27日~11月1日の期間中2試合15回を投げて防御率0.00、20奪三振をマーク。高橋は10月21日の中日戦で、8回無失点に抑える圧巻の内容で4勝目を挙げた。2回に安打で許した唯一の走者も併殺に取って打者24人で零封し、付け入る隙を与えなかった。個人では2カ月連続受賞を果たし、「選んでいただきうれしいです。捕手のみなさんに引き出していただいて、良い投球ができたと思います。ですが自分自身、今シーズンはほとんど投げていないので、来シーズンはもっとチームに貢献できるように頑張ります」と意欲を語った。

 坂本は、優勝争いの中の10月23・24日の広島戦で2試合連続適時打を放つなど勝負強さを発揮。「チームが優勝争いをしていた厳しい戦いの中で、この賞をいただけたことを本当にうれしく思います。遥人のおかげでいただくことができた賞だと思います。来年からは1人でも多くの投手とバッテリーとしての賞をいただけるように、そして『坂本のおかげで』と投手からもチームからも言ってもらえるようにやっていきたいと思います」とコメントを寄せた。

 セ部門は、阪神バッテリーの他にヤクルトの高橋奎二投手―中村悠平捕手、中日の小笠原慎之介投手―木下拓哉捕手がノミネート。選考委員を務める多村仁志さんがこの3組を選出し、DAZN公式ツイッター(@DAZN_JPN)でファン投票が行われた。結果、全9266票のうち、43.3%を獲得した阪神バッテリーが月間最優秀賞に輝いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月15日のニュース