×

斎藤佑樹氏「本当にワクワクする」新庄剛志ビッグボスに期待「一ファンとしては楽しみな方」

[ 2021年11月15日 10:06 ]

現役を引退した日本ハムの斎藤佑樹氏
Photo By スポニチ

 今季限りで現役を引退した元日本ハム・斎藤佑樹氏(33)が14日に放送されたフジテレビ「S-PARK(スパーク)」(日曜後11・45)に出演。日本ハムの「ビッグボス」こと新庄剛志監督(49)について語る場面があった。

 番組内では、日本ハムの沖縄・国頭秋季キャンプを新庄ビッグボスが視察する様子を紹介。ブルペンでは吉田輝星投手(20)の投球を視察し、報道陣に「めっちゃ速くね?俺、現役の時、打てないと思う。速っ!」と驚きの声を上げる場面があった。斎藤氏は吉田について「輝星のストレートは僕も見てて、ずっと憧れていたので、うらやましいなと思って。そもそも、回転の軸とかがきれいですし、リリースポイントも前ですし、バッターは打ちづらいと思います」と話した。

 来季は、3年連続Bクラスからの巻き返しを目指す新庄ビッグボス。秋季キャンプではグラウンドに入れたワゴン車の屋根に乗って送球の高さをチェックするなど、新庄ワールド全開で指導。斎藤は「いやもう本当にワクワクする、一ファンとしては楽しみな方ですね」と話し、日本ハムをどのようなチームにしてほしいか聞かれると、「それは、もちろん優勝に導いてほしいんですけど、やっぱり1番は選手がやりやすい環境を整えてもらえることが1番だと思います」と答えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月15日のニュース