アストロズ 本拠地で白星発進 先発マクラーズ&主砲アルバレス 投打の軸が躍動

[ 2021年10月9日 02:30 ]

ア・リーグ地区シリーズ   アストロズ6―1ホワイトソックス ( 2021年10月7日    ヒューストン )

<アストロズ・ホワイトソックス>アストロズの先発・マクラーズ(AP)
Photo By AP

 アストロズは投打の柱が光った。チーム最多13勝の先発マクラーズは7回途中無失点と好投。打っては同最多33本塁打のアルバレスが、1本塁打を含む2安打2打点と働いた。

 「自分たちができることは、みんなが分かっている」と19年新人王のアルバレス。19年オフにサイン盗み問題が広がり、監督の解任劇に発展した。常勝チームの看板に「サイン盗みのおかげ」と泥が塗られ、激しいブーイングを浴び続けた。再建を託された72歳のダスティ・ベーカー監督は「初戦は特に勝ちたい。ホームでの試合は有利で、とても重要」と白星発進の意義を強調した。地区優勝に続き、17年以来のワールドシリーズ制覇へ。地獄を味わった男たちが力強く踏み出した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月9日のニュース