阪神・秋山“ピンチ、ピンチ、ピンチ”も真骨頂の粘投で踏ん張った 役割果たし「次に繋ぐことはできた」

[ 2021年10月9日 22:59 ]

セ・リーグ   阪神2-1ヤクルト ( 2021年10月9日    神宮 )

<ヤ・神22>2回2死一、三塁、3者連続三振でピンチをしのぎ、ガッツポーズの秋山(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 天王山2戦目の先発を託された秋山は、5回5安打1失点と真骨頂の粘りを見せて、役割を果たした。

 初回から3回まではすべて2人以上の走者を背負う苦しい投球も1失点と粘投。4回からの2イニングはいずれも3者凡退とリズムを取り戻した。「テンポ良くゲームを進めることができなかったことは反省ですが、なんとか最少失点でゲームを壊さず次に繋ぐことはできたと思う」。矢野監督も「ピンチ、ピンチ、ピンチやったし、球数も使ったけど、粘ってくれたおかげで5回までいってくれたし、あれがなかったら序盤でやられていた可能性も高かったんで。アキらしさというのが出た」と力投を称えた。

 ローテションをずらして中10日であえて大事な一戦に起用された30歳が意地と執念のにじむパフォーマンスで土俵際に追い込まれたチームを踏みとどまらせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月9日のニュース