西武 ドラフト抽選役は未定、“ゴッドハンド”渡辺GM「使い果たしている。多分ない」

[ 2021年10月9日 05:30 ]

西武・渡辺GM
Photo By スポニチ

 西武の渡辺GMは、ドラフト会議で競合した際の抽選役を未定とした。

 自身は09年に菊池雄星(現マリナーズ)、10年に大石達也(現2軍投手コーチ)と2年連続で6球団による競合を制し「ゴッドハンド」と呼ばれた。しかし、12年は3球団で東浜(現ソフトバンク)、17年も2球団で田嶋(現オリックス)を外しており「(運を)もう使い果たしている。多分ない」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月9日のニュース