×

阪神・島田 途中出場で勝ち越し打! 一塁手の前でバウンド変わる

[ 2021年10月9日 20:51 ]

セ・リーグ   ヤクルトー阪神 ( 2021年10月9日    神宮 )

<ヤ・神22> 7回1死二塁、島田は右翼線に勝ち越しの適時二塁打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は途中出場の島田の値千金の一打で、勝ち越しに成功した。

 7回からマウンドに上がった今野に対し、先頭のロハス・ジュニアが右前打。坂本が犠打で送り、1死二塁で6回の守備から右翼に就いていた島田がこの日初打席へ。カウント2―2から一塁線へ放った打球は、一塁手・オスナの前でバウンドが変わり、右翼線へ抜けていった。二塁から代走の熊谷が生還。終盤での勝ち越し打に、二塁ベース上で笑顔が弾けた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月9日のニュース