ヤクルト・村上、高橋の連続無失点止める先制打 トップと1差の105打点目

[ 2021年10月9日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―1阪神 ( 2021年10月8日    神宮 )

<ヤ・神>初回、村上が右中間に先制の適時二塁打を放つ。投手・高橋(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・村上がチームに勇気を与える先制打を放った。

 初回2死一塁で高橋のカットボールを捉えて右中間二塁打。左腕の連続イニング無失点を27で止めた主砲は、二塁に達してガッツポーズも見せ「(先発の)奥川に先制点を取ってあげたかった。初回から先制することができて良かったです」と笑顔で振り返った。

 これで105打点とし、リーグトップの巨人・岡本和まで1に迫った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月9日のニュース