阪神・岩崎 今季初の回またぎも何の! 7回からマウンドへ、1回1/3を無安打無失点と完璧

[ 2021年10月9日 21:09 ]

セ・リーグ   ヤクルトー阪神 ( 2021年10月9日    神宮 )

<ヤ・神22>阪神3番手の岩崎(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神不動の“8回の男”岩崎が、今季初の回またぎで1回1/3を無安打無失点と完璧な仕事を果たした。

 5月4日のヤクルト戦で登板して以来の7回のマウンドに立つと、先頭の青木を一ゴロに。続く山田を空振り三振に仕留め、最後は4番・村上をフルカウントから144キロ直球で空振り三振に仕留めた。
 8回も続投し、先頭のオスナを二ゴロに打ち取ったところで矢野監督がスアレスへの交代をコール。不動のセットアッパーが自らの役割を完遂した。守護神のスアレスは今季初の8回からの登板となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月9日のニュース